会社の資金繰りをサポートしてくれる「ファクタリング」って何?

  • by admin

ファクタリングの仕組み

企業同士の取引は、商品やサービスの提供と代金の支払いが同時におこなわれるわけではなく、「先に商品やサービスの提供、数か月後に代金の支払い」という流れになるのが一般的です。これを「信用取引」と呼び、先に商品やサービスを提供した会社はその提供先に対して「売掛債権を持つ(代金を支払ってもらう権利がある)」とも言います。こういった場合、提供先が実際に支払いをするまでは手元に代金が入ってこないので、代金をもらう前に別の目的でお金が必要になったら困りますよね。そんなとき、自分が持つ「売掛債権」を専門の会社に買い取ってもらうのが「ファクタリング(買取ファクタリング)」であり、上手く使えば資金繰りの改善にもつながります。

ファクタリングのメリット

お金が足りないのなら金融機関からお金を借りるというのも選択肢ですが、審査のために長い時間や厳しい条件をクリアすること(担保や信用力)が必要なケースがほとんどです。一方で、ファクタリングであれば、長時間の審査もなくスピーディに資金調達ができますし、信用調査の主な対象は売掛債権先の企業になるので担保も不要になるのが特徴です。

ファクタリングのデメリット

ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらう際には手数料を払う必要があります。実際にはその手数料分を差し引いた買取代金が手元に入るというわけです。あくまで例ではありますが、100万円の売掛債権を買い取ってもらう場合、手数料を差し引かれて手元に入るのは95万円というイメージです。また、ファクタリングを行うには、商品やサービスの提供先との契約の中で「売掛債権を譲渡すること(ほかの会社に移すこと)が禁止されていない」ことが大前提になる点にも注意が必要です。

事業資金を名古屋で獲得する場合は、銀行や信用金庫で事業用融資の審査を受けたり、一般向けにクラウドファンディングを呼びかけたりといった手法があります。