どんな調達方法がある?事業資金の調達方法を紹介!

  • by admin

創業前後での融資の場合は日本政策金融公庫

創業前後で事業資金の調達を行いたい場合には、日本政策金融公庫の利用が良いと言えます。日本政策金融公庫は実績がなくても融資が受けられる可能性が高いのが魅力的なポイントです。注意すべき点は自己資金の問題でしょう。自己資金がない人に対する審査は厳しくなっているため、日本政策金融公庫を利用したい場合は自己資金を持っていることが重要になります。具体的な話で言えば、必要としている事業資金の10分の1程度の自己資金は持っておいた方が良いと考えられます。日本政策金融公庫では2%前後での借り入れが可能です。

経営実績があるなら銀行を頼ってみよう

銀行での融資は低金利である可能性が高いので、なるべく金利の低いところで融資を受けたい人におすすめです。しかし、銀行は審査の難易度が高いという特徴を持っています。経営を成功させているという実績を持っている人にしか融資の許可が出ないと考えておいた方が良いでしょう。経営の実績がある企業であれば銀行から融資を受けるのが良い事業調達の方法だと考えられます。経営実績で判断されるので、大手企業ほど銀行からの融資を受けられる可能性が高いでしょう。

クラウドファンディングに挑戦するのも1つの方法

面白い企画を持っているけれど、事業資金が足りないという場合はクラウドファンディングを利用するのも1つの方法です。自分が面白いと思っている企画に対して賛同を得ることができれば、出資者が資金を提供してくれます。融資ではないので返済義務がないのも魅力的なポイントです。出資者に対するリターンは製品やサービスで行うというアピールで、クラウドファンディングの出資を募ってみるのも良いでしょう。

事業資金を大阪で集めるには様々な方法があります。多くの金融機関に融資を依頼する事も可能で、出稼ぎとして稼げる企業もあります。