いまいちよくわからない!?社労士の仕事内容を紹介

  • by admin

社労士になるには資格が必須!

社労士とは、正確には「社会保険労務士」といいます。社会保険や労務に精通した専門家で、国家試験に合格しなければ社労士の仕事はできません。社労士は、弁護士や司法書士などと同じく、れっきとした国家資格なのです。国家資格の中には定期的な更新が必要とされるものも多くありますが、社労士には更新がないため、いったん取得してしまえば生涯社労士として働くことができます。つまり、一生ものの資格ともいえますね。

社労士のみができる独占業務

社労士の仕事には、「1号業務」と呼ばれる独占業務があります。労働保険や社会保険に関する手続きを代行する仕事で、専門の知識が必要とされています。具体的には、社会保険や雇用保険の資格取得・喪失をはじめ、雇用契約書や就業規則の作成などがあげられるでしょう。この1号業務に加え、「2号業務」と呼ばれる法定帳簿の作成も社労士の重要な仕事です。出勤簿・出勤簿・労働者名簿という3つがあり、これらの帳簿作成も社労士の独占業務に含まれます。

資格不要のコンサルタント業務

社労士の仕事には、「3号業務」と呼ばれるコンサルタントの仕事も存在します。労務相談にのったり、評価制度の構築をサポートしたりなど、人事労務に関するプロフェッショナルとして、企業のコンサルティングを行います。3号業務については、社労士の資格は基本的には必要ありません。しかし、社労士として業務に従事していた経験や知識を存分に活かすことができるので、コンサルティング業をメインにしている社労士もいるようです。

渋谷の社労士は、大手や中小企業を対象に労働相談や就業規則の作成、社員教育の実施といったサポートを行っている人が目立ちます。