事前に知っておきたい!法人口座の開設方法

  • by admin

法人口座を開設するための準備

法人口座を開設するためには、事前の準備が必要です。しっかりと準備しておけばスムーズに開設手続きをすることが出来ますし、審査に通りやすくするためのポイントを押さえて申し込みをすることが可能です。口座を早く開設したいからといって焦らず、時間を掛けて準備することが大切です。

用意したいのは会社の商業登記簿や定款、印鑑や代表者の実印、会社の運営状況が分かる資料などです。申し込む金融機関によって必要な書類は変わってくるので、事前に調べておきましょう。また口座開設のときには、事業内容の説明が求められることがあります。きちんとした事業をしているのか、信用して良いのか調べるためです。口座を開設するだけなので詳しく聞かれることは少ないのですが、大まかな事業内容は話せるようにしておきましょう。

法人口座の開設時の流れ

口座を開設したいと思ったら、まず金融機関を探します。都市銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な種類があるので、会社に合った金融機関を選ぶようにしましょう。口座を開設したい銀行が決まったら書類を用意して、申し込みをします。都市銀行や地方銀行などでは受付窓口などで、ネット銀行ではインターネット上で申し込めます。そのときに必要な書類も一緒に提出するとスムーズです。提出された資料をもとに審査が行われ、問題がなければ口座の開設となります。審査は金融機関によって異なりますが、数週間から一ヶ月程度と言われています。取り引きのためのお金を入金して、完了です。

金融機関で法人口座を開設するには手順が必要です。会社の所在が実在するか確認してから始まります。その後必要書類の商業登記簿謄本、会社印、代表者の実印、印鑑証明、身分証明書など揃え開設することができます。