事業資金は借りるべき!?資金調達の前に知りたいこと

  • by admin

事業資金を受ける最大のメリットとは

会社を短期間で急成長させようと思ったら、多額の資金が必要になってきます。例えば株式発行により多額の資金を調達できる上場企業は、その資金を活用してさらなる商品・サービスの向上を狙えます。非上場の中小企業においては、いかに事業資金を集められるかが急成長のカギになるのです。個人経営で地道にやっていくのであれば、事業資金をまったく利用しないのもありでしょう。しかし会社を積極的に大きくしていこうと考えれば、事業資金を使用したほうがレバレッジをかけて会社成長を促進できるのです。

無理のない返済計画を立てるために

消費者金融や商工ローンからの借り入れ、税金・保険料の滞納などは避けてください。銀行融資を受けるのに不利になりますし、たとえ借りられても返済が厳しくなるはずです。消費者金融などは銀行より取り立てが厳しいですし、税金や保険料はローン返済よりも優先する必要があります。実際の返済は計画通りに進まないことが多いので、ギリギリの計画を立てると途中で返せなくなる可能性があります。そのため利益が少なくなる月を基準として返済計画を組み立てるのが得策です。

切り札となるノンバンクからの借り入れ

国や銀行から事業資金の調達ができなくても、消費者金融や商工ローンなどのノンバンク系なら借りられることが多いです。ただし金利は非常に高く設定されているので、長期の借り入れには向いていません。金融機関から借りられない状況にあるなら、ファクタリングを活用する手もあります。これは売掛債権をファクタリング会社に売却し、売掛金を前倒しして受け取る方法です。

手形は満期前でも、金融機関に持ち込むことで現金化が可能です。これを手形の割引と言います。手数料がかかりますが、急に事業資金が必要になった時の対応策として有効な手段の一つです。