絵が得意じゃない…それでもイラストは描ける

  • by admin

イラストだから楽しく描ける

白い画用紙に自由に絵を描く…これほど楽しいことはありません。イラストは作品などの芸術や商業における宣伝になることが多いですが、基本的には描く楽しさを魅力としています。絵の素晴らしいところは、性別年齢を問わず自由な発想で描くことができるところでしょう。イラストはその延長上にあり、自分だけでなく見てもらう人にも楽しんでもらうものです。普段絵を描かない人でもちょっと描いてみたい…そんなふうに感じたら躊躇せずにペンを取ってみるべきです。

練習する素材は山ほどある

絵を描きたいと思ったらその絵を描けばいいし、目に見えるものはすべて被写体です。イラストを描く上での素材は、そこら中にゴマンとあるのです。写真ならカメラのシャッターが押せば、何百枚でも簡単に取ることができますが、イラストはよく観察し描き込んでいきますので時間がかかります。しかし、その分イラストを描いている人は、高い観察力や忍耐力を持ち合わせています。絵は描くほど上達しますから、イラストを学ぶならその楽しさも身にしみることしょう。

バランスを意識しよう

絵が上手くなくてもバランスさえ取れていれば、不快感を与えることはないでしょう。人や動物、建造物や風景をデフォルメする分にはいいのですが、それらを合わせて描く時には、対比のバランスが大切になってきます。遠くにあるものはよく見えないので、色や形がぼやけてしまいますが、遠近法で描かれた絵なら違和感はありません。絵が得意でない人がイラストを描くコツは、少し離れたところのものを描くことです。近ければ近いほど細かい部分を正確に描かなければならないので絵が難しくなります。

イラストの講座」とは、イラストレーションを描けるようになるために、プロイラストレーターが講師になり、教室を開いておしえることです。