資産を減らさず運用できる?投資信託でどんな運用ができるの?

  • by admin

できるだけ資産を減らさずに運用

イデコでは、拠出した資産を自分で運用する必要があります。これまで銀行の定期預金しか利用していなかった人にとっては、どうやって運用したらいいのかわからないかもしれません。しっかり運用の知識を身に着けてから行えばよいでしょうが、知らずに行うとどんどん資産を減らす可能性もあります。できるだけ資産を減らしたくないのであれば、元本保証タイプの商品で運用してみましょう。金融機関に銀行を選べば、その銀行が用意する定期預金が利用できます。証券会社には通常は銀行の定期預金はありませんが、イデコ専用商品として他の銀行と提携をした定期預金商品が選べます。金利が低いのであまり増やせませんが、元本を減らさずに年金作りができます。

投資信託の種類を知って運用

イデコの口座に拠出をすると、自分で運用指図を行います。金融機関ごとに商品ラインナップがあるので、その中から運用したい商品を選びます。メインは投資信託になり、元本保証されていないので注意が必要です。一口に投資信託と言っても種類があります。国内株式に投資をするもの、国内の債券に投資をするもの、外国の株式や、不動産に投資するものなどもあります。比較的リスクが低い、つまり変動が少ないのが国内債券をメインにした投資信託で、大きく増やせませんが大きく減る可能性も低いです。株式投資信託や外国資産に投資をするものは、大きく増やせる可能性があるものの大きく減る可能性もあります。それぞれの商品の特徴を知って運用しましょう。

イデコとは60歳までに毎月一定の掛け金で、投資信託や保険・定期預金などを運用し、60歳以降にその運用した資産を受け取るというもの。国民年金や厚生年金だけでは不十分という時に役立ちます。