クレジットカードとデビットカードの違いは?高校生でも使えるの?

  • by admin

クレジットカードと同様に使える

クレジットカードのいいところは、手持ちの現金がなくても支払いができる点でしょう。現金で支払わないといけない時、わざわざATMを探してお金をおろして用意しないといけません。クレジットカードならカードを提示するだけで支払いが完了します。ただし、クレジットカードはカード会社が立て替えをしてくれるサービスなので、後で思わぬ請求額が来る可能性があります。使いすぎたりすると支払いに困るため、使うのをためらう人もいるようです。その時に使いたいのがデビットカードです。見た目はクレジットカードとほぼ同じで、クレジットカードと同じような番号が書かれています。カードを提示すると、紐づけされている銀行口座から即時引き落としされるので、後で請求されたりはしません。

高校生でもカード払いができる

中学生ぐらいだと、まだまだ学校の帰りにコンビニなどに立ち寄る機会は少ないでしょう。でも高校になるとそれなりに立ち寄る機会が増えてきます。クレジットカードで支払いができると、現金をたくさん持つ必要がなくなるので楽ですが、多くのクレジットカードには年齢制限があり18歳以上や20歳以上でないと作れません。高校生ではクレジットカードが持てませんでした。高校生でもクレジットカードのような支払いができる仕組みとしてデビットカードがあります。一応年齢制限がありますが、こちらは16歳以上に設定されているものが多いので高校生でも作れます。持っている銀行口座でデビットカードサービスを行っているなら、ネットなどから申し込みができます。

クレジットカード会社などの決済手段を提供する金融機関とネットショップや店舗の間を仲介して決済システムを提供することを決済代行といいます