自分で増やすのを目指す?節税できるメリットを利用する?

  • by admin

資産運用効果か節税効果か

年金を用意する仕組みとして、確定個人年金があります。契約時に拠出額と将来の年金額が決まっていて、拠出額に少し上乗せをした年金が受けられるようになっています。上乗せ部分に注目しがちですが、一定の所得控除が受けられるので、その部分でもメリットがあると言えるでしょう。個人型確定拠出年金は、自分で拠出をしてそれを運用して将来の年金を作ります。増やせるかどうかは自分の運用次第なので、資産運用効果をあまり期待しすぎるのは良くないかもしれません。それよりも期待できるのが節税効果です。拠出額の全額を所得控除できるので、毎年の所得税を大幅に減らせます。増やせるかどうかも大事ですが、減らせる税金の効果に注目して利用を検討しましょう。

老後資金はどれくらい必要か

誰にでもやってくるのが老後でしょう。独身の人もいれば家族がいる人もいます。独身なら自分一人で老後の生活をしないといけませんし、夫婦で生活する人もいます。会社勤務している人は定年などがあると働けませんから、公的年金などしか収入がなくなります。公的年金が十分なら他の準備は不要ですが、公的年金ではもらえる額があまり多くありません。老後資金の額を考えると、どうしても公的年金以外の仕組みで用意しなければいけないでしょう。そこで利用したいのが個人型確定拠出年金です。同じように定期預金や投資信託で用意するなら、こちらの方が税制上の優遇が受けられます。老後資金を計算して足りないと感じたなら、利用するといいかもしれません。

個人型確定拠出年金は、原則60歳まで資金を引き出すことができません。「年金」の特徴を抑え、老後の資金と割り切ることが大切です。